ブログ

Excelマクロ初級編_#19DateDiff関数

今回は、DateDiff関数について解説していきます。
DateDiff関数は、特定の2つの日付の差を数値で返す関数になります。
よくある使い方としては、20〇〇年4月1日現在の勤続年数や年齢を求めて、年や月で表示するケースです。
Excelの関数にDateDifという、とてもよく似た関数があります。スペルも違いますが、引数の順番等も違いますので、混乱しないように気を付けてくださいね!

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー別投稿記事

ページ上部へ戻る