enjoyの記事一覧

  1. Excelマクロ初級編_#26オブジェクト型変数

    今回はオブジェクト型変数についての解説です。オブジェクト型変数というと難しく感じますが、簡単に言うと、ニックネーム化することです。ニックネーム化することによって、コードがすっきりして、メンテナンスも用意になりますので、マスタ―してくださいね。

    続きを読む
  2. Excelマクロ初級編_#25データ数の変動に対応する

    これまでは、下記の様に、1行目から30行目までのデータを処理する、と明示的なコードを書いてきました。For 変数 = 1 to 30処理する内容nextしかし実務的には、毎回30行目でデータが固定というケースは稀で、100行だったり、1000行だったりします。

    続きを読む
  3. Excelマクロ初級編_#24ForNext構文 & IfThen構文 2

    今回は、前回の#23に引き続いて、VBAのIf Then構文とFor Next構文の組み合わせになります。但し、If Then構文の中に更にIf Then構文を組み合わせる、少し複雑な入れ子構造をやってみたいと思います。

    続きを読む
  4. Excelマクロ初級編_#23ForNext構文 & IfThen構文 1

    今回は、If Then構文で条件分岐したVBAのコードと連続処理のFor Next構文のコードを組合せてみたいと思います。

    続きを読む
  5. Excelマクロ初級編_#22IfThen構文

    今回はIfThen構文についての解説です。If文は、Excelのワークシート関数でも登場しますので、馴染みは深いのではないでしょうか?いわゆる、【もし、○○だったら、△△】ですね。ExcelVBAのIfThen構文は、条件分岐が必要な複雑な処理では必須の構文になります。

    続きを読む
  6. Excelマクロ初級編_#21ForNext構文②Stepオプション

    Excelマクロ初級編_#20ForNext構文①の続きです。前回は、以下の基本形を学びましたが、通常、カウンタ変数は初期値から終了値まで1ずつしか増加しません。

    続きを読む
  7. Excelマクロ初級編_#20ForNext構文①

    今回は、Excel VBAの必須構文であるForNext構文について解説していきます。面倒な繰り返し作業を自動化できるかどうかは、この構文の善し悪しに掛かっていると言っても過言ではありません。

    続きを読む
  8. Excelマクロ初級編_#19DateDiff関数

    今回は、DateDiff関数について解説していきます。DateDiff関数は、特定の2つの日付の差を数値で返す関数になります。よくある使い方としては、20〇〇年4月1日現在の勤続年数や年齢を求めて、年や月で表示するケースです。

    続きを読む
  9. Excelマクロ初級編 請求書自動作成ツールをつくろう!開催しましたよ~

    先日の6月16日(土)にExcelマクロ初級編セミナーを開催しました。会場は、恒例となりましたが、「キャリアクリエイトセミナールーム」での開催となりました。

    続きを読む
    • Excelマクロ初級編 請求書自動作成ツールをつくろう!開催しましたよ~ はコメントを受け付けていません。
    • セミナー
  10. Excelマクロ初級編_#18DateAdd関数

    Excel VBAのDateAdd関数について知っていますか?この関数は、指定した日付時刻に対して、年、月、日、時間を加算することができます。単体で使用してもピンとこないかもしれませんが、Excel VBAでカレンダーを自動作成するとき等は、とても便利に使うことができます。

    続きを読む

カテゴリー別投稿記事

ページ上部へ戻る